効率的な作業に関するヒントについて

動画編集のソフトではレンタリングは動画形式で行われることが多いですが、After Effectsではディスクキャッシュは非圧縮の画像ファイルとして生成します。
そのため、非圧縮画像が出来上がるときに時間がかかってしまうこともあるため注意が必要です。
さらに、再生時に高速で画像のやり取りを行うため大量のファイルへと一瞬でアクセスできる環境を整える必要があります。

では、具体的にどの環境を優先して整えていくのが良いのでしょうか。
まず真っ先に取り組まなければいけないのがメモリについてです。
メモリを増設すると作業スピードが目に見えて変わります。
ここから手を付けるのが最も効率的でコストパフォーマンスも高いと言われているため、CPUのコア関係も含めて検討するようにしましょう。
ストレージも高速なものに変えることによってアクセスのロスが軽減されます。
GPUやCPUなどは作業によって重要な比重が違っているため、まずはメモリとストレージ関連を見直してみましょう。

Vookではこのようにソフトウェアに関するあらゆる項目が掲載されています。
動画作成で行き詰まった時などには参考になる情報が多いため、もしも作業で悩んだときにはこのようなサイトを参考にするようにしてください。
After Effects | Vook(ヴック)