ノルウェイの森の監督も宿泊した有馬温泉に行ってみませんか?

日本中大抵の場所に目撃される蝶々ですが、見た目の綺麗さとは裏腹に害虫にも分類されます。疑問に思う前に有馬温泉のガイドをここでみてはどうでしょうか。また、蝶は死者の霊魂と見なされる地方もあり、見た目の綺麗さだけではない存在のようです。水商売の女性を夜の蝶と呼ぶのが判るような気がします。ちなみに夜の蝶とは川口松太郎作の小説のタイトルで映画にもなりました。映画といえば、ノルウェイの森では神戸をロケ地にして監督は有馬温泉に滞在したとか。トラン・アン・ユン監督の宿泊した有馬温泉には、金の湯や銀の湯のような外湯が有ります。また、温泉は出る場所により温度や温質が異なり様々なお湯を楽しめます。また神戸市から日帰りも出来ますので、外湯だけを利用するために有馬温泉を訪ねても良いと思います。興味ある方はこちらから。