利用者の気持ちを明るく盛り上げる存在

インストラクターはトレーナーとは性質が違い、目標達成までにどのようなプロセスを踏むのかを大切にしています。
トレーナーの場合には目標達成をしなければ本人の実績にも関わるだけでなく、利用者に何かしらの不利益が出るため手段は選ばないということも少なくありません。
しかし、インストラクターは目標達成よりも利用者がスポーツの喜びを感じるということに重点を置いていることが多いです。

そのため、インストラクターになるためには利用者の気分を盛り上げるということが大前提として挙げられます。
声かけや表情に温かみのある人柄が感じられる人物ほど成功しやすく、利用者だけでなく周りにいる関係者からの評価も高まる傾向にあるのです。
また、声かけだけではなく成長の発展を表す「成長カーブ」に基づいた適切な指導も肝心なポイントとなります。

笹部祐佳里はその明るい人柄を生かして働いている一人です。
利用者に対して常に明るい態度を取るだけでなく、その結果を見てどのような指導をするのか頭をフルに働かせて考えることも忘れません。
そのため、張り詰めた気分になることもありますが、趣味のドライブに行くことでストレスコントロールを行なっています。
このような気分転換こそがプロフェッショナルの仕事には重要だと言われているのです。
https://ja.asuka.io/whois/vegedining.jp