医療業界でも様々な効果が報告されているキトサン

キチン・キトサンの使われた製品は食品だけでなく、農業や電化製品、繊維などあらゆる分野で発達を遂げています。
その中でも医療業界では特に重宝されているという事実があります。
それは、ユニチカ(株)がキチンを使った人工皮膚を開発したからです。
こちらは1990年に全身80%という酷い火傷を負ったサハリンのコンスタンチン君が札幌医大に担ぎ込まれた時に使用されたもので、そこからキチンの名前は広まっていきました。

さらに、1989年の水産庁プロジェクトである「水産物健康性昨日有効利用開発事業」においては愛媛大学の奥田拓道教授が医学系の班長として迎え入れられており、広島女子大の加藤英夫教授と共同で血圧上昇との関連性について研究されています。
このように、それ以外にもあらゆる生体機能に関する研究を行われており、世界中の研究者がこれに携わっているのです。

城西大学の和田政裕教授は機能性食品として機能が確立された尿酸との関連にいち早く気付くなど、機能性についての研究成果が著しいことで知られています。
教授曰く、「キチン・キトサンのようにこれほど多様な効果を同一物質で同時に持っているということは他に類を見ない。極めて高性能な素材なのである。」という言葉を残しています。
それほどの効能が期待できるのです。

https://www.fujibio.co.jp/