仮想通貨投資で注意しなければいけない送金ミス

私、松本雄大(twitter)はまだ一度も経験していませんが、仮想通貨投資のリスクのひとつとしては送金ミスをあげることができます。ビットコインをはじめとする仮想通貨の送金を行なう際には、付与された預入アドレスを入力しなければいけません。なお、この預入アドレスというのは自分が任意で決めることができないものです。

入力時に割り当てられた預入アドレスが1文字でも合っていなければ取り消しがきかないため、事実上、仮想通貨が消失してしまうことになります。やっかいなのが、アドレスは英数字のランダムであり、手打ちでの入力では間違えてしまうリスクが上がってしまうでしょう。

そのため、対策としては手打ちでの入力をするのではなく、コピー&ペーストで入力するのがよいでしょう。それでも全部の英数字がコピーされておらず、全文字ペーストされていないというミスは起こり得るため、正しく入力が行なわれているかどうかのチェックは入念に行ないましょう。