顎のプロテーゼでフェイスラインに自信を持ちたい

欧米人の顎は、横から見てフェイスラインが美しいので、憧れている人が多いのではないでしょうか。
日本人の顎は平坦で、引っ込んでいる人が多く、コンプレックスを持たれている人が増えています。
美容外科で、プロテーゼの施術を受けたいという人が増えていますが、患者さんの顎の形状に合ったサイズを選ぶ必要があります。
高い技術や経験が必要な施術法なので、評判が高く、信頼できる医師が在籍をしている美容外科を選んで下さい。
プロテーゼは、下唇の内側から数ミリ切開をして挿入させるため、施術時間は30分から40分程度で終わります。
他の部位に比べると腫れやすい傾向があり、一週間程度のダウンタイムがありますが、少しずつ目立たなくなってきます。
激しい運動などは行わないようにして、充分な睡眠を取るようにしましょう。
口腔粘膜なので、傷の治りが早いのが特徴になっており、傷跡もほとんど目立たないので多くの人が施術を受けています。
プロテーゼの施術を受けることで、顔に立体感ができますし、横顔のラインがとても美しくなります。
現代は医療技術が向上しているため、口コミ情報などを参考にして名医を見つけるようにして下さい。
コンプレックスから解消されて、容姿に自信が持てるようになります。