連携支援センターがいろいろ相談にのってくれます

日産厚生会玉川病院には連携支援センターがあります。
他の医療機関と連携して治療を行ったり、情報のやりとりをスムーズにしたり、地域社会と連携をして医療を行う体制をとる用意があります。
福祉施設などと連携をして治療を行うことは大切なので、普段の生活や環境と一緒に治療を行う必要がある場合、この病院の連携支援センターに相談をすると良いでしょう。
患者さん本人はもちろん、患者さんのご家族、または医療や福祉施設の職員の方なども問い合わせをすることが可能です。
また、長期の入院から退院をする時などは、社会復帰できるか、地域に溶け込んで生活ができるか、生活費を工面することができるかなど、様々な不安を抱えることも少なくありません。
患者さんをただ退院させれば良いというわけではなく、地域医療を担う病院として退院後の生活も考えて送り出す必要があります。
そうした退院に不安を抱える方の相談も日産厚生会玉川病院の連携支援センターでは受け付けているので、入院生活後が不安な方などが相談しやすい病院でもあります。
患者さんのためにできることを行う体制を整えるために、連携支援センターは存在しますので、何か不安なことなどがあれば気軽に相談をしてみてください。
きっと力になってくれるはずです。